着圧インナーが妊娠中・授乳中の女性に与える影響

着圧インナーが妊娠中・授乳中の女性に与える影響とは?

 

着圧インナー,妊娠中,授乳中,影響,産後,ダイエット

 

着圧インナーを妊娠中や授乳中に着てダイエットできるか気になる方もいると思います。そこで、着圧インナーが妊娠中や授乳中の女性に与える影響についてまとめてみました。

着圧インナーを妊娠中に着けた場合の影響とは?

 

着圧インナー,妊娠中,授乳中,影響,産後,ダイエット

 

着圧インナーを妊娠中に着けた場合に考えられる影響についてまとめてみました。

 

逆子

妊娠中の女性のお腹が加圧で締め付けられると、お腹が血行不良を起こしてしまいます。血行不良になると、お腹が冷えるだけでなく、胎児が成長するための拠点である胎盤も冷え込んでしまいます。

 

そうすると、胎盤の中にいる赤ちゃんは、温かい場所を目指して胎盤の中で動いてしまうので逆子になる恐れがあります。

 

流産

締め付けによる流産の恐れについて調べたところ、下着やパンツなどの衣類によるお腹への締め付けにより、流産や切迫流産になる危険性があることがわかりました。

 

よく、妊娠5ヶ月までズボンを履いていたなどと言う女性もおりますが、キツいパンツを履いていた女性の中には医者から締め付けによる切迫流産と指摘された方もいるようでした。

 

母乳分泌不全

妊娠中の女性の胸は、産後の授乳に備えて乳腺が発達し、バストがサイズアップします。

 

ですが、加圧ブラトップなどで胸を締め付けてしまうと、乳腺が傷つきホルモンバランスが崩れ、母乳分泌不全などの悪影響に繋がる恐れがあります。

 

妊娠中に着けた場合の影響のまとめ

着圧インナーに限った話ではありませんが、妊娠中の女性のお腹や胸が締め付けられることで、悪影響を及ぼす恐れがあることがわかりました。

 

なので、着圧インナーは、妊娠中に着るのは避けた方が良いでしょう。

着圧インナーを授乳中に着用した場合の影響とは?

 

着圧インナー,妊娠中,授乳中,影響,産後,ダイエット

 

着圧インナーを授乳中に着用した場合に考えられる影響についてまとめてみました。

 

母乳分泌不全

妊娠中と同様ですが、産後の女性の胸が締め付けられると、乳腺が傷ついて母乳分泌不全になる恐れがあります。

 

哺乳ストライキ

赤ちゃんが母乳を飲まなくなる行動を、哺乳ストライキと言います。

 

オッパイが締め付けられて母乳の元である血液の流れが悪くなると、新しい母乳が作られなくなり古い母乳が体内に残るようになります。しかし、赤ちゃんは古い母乳を嫌がり、母乳を飲まなくなる可能性があります。

 

授乳中に着用した場合の影響のまとめ

授乳中に関しても着圧インナーに限った話ではありませんが、産後の授乳期間中の女性の胸を締め付けることも良くないことがわかりました。

 

なので、着圧インナーは、授乳中も着用しない方が良いでしょう。

着圧インナーが妊娠中・授乳中の女性に与える影響のまとめ

 

着圧インナー,妊娠中,授乳中,影響,産後,ダイエット

 

ここまで、着圧インナーが妊娠中や授乳中の女性に与える影響について書いてみましたが、逆子や流産、母乳分泌不全など、様々な悪影響を及ぼす恐れがあることがわかりました。

 

なので、妊娠中や授乳中の女性は、着圧インナーを着用しないことをお勧めします。

 

そうは言っても、着圧インナーは授乳期間後のダイエットにはとても効果的なので、授乳期が終わったらトライしてみると良いでしょう^^

着るだけイージースリムベストボディーインナーの通販購入はこちら!トップページへぽっこりな下腹がコンプレックスの方、綺麗なくびれに憧れる方は、トップページで着るだけイージースリムベストボディーインナーの詳細をチェックしてみてください。